スズイチのブログ

世間から無視された人へ

楽な仕事

よく「楽な仕事なんてない」という言葉を聞きます。

仕事は基本的に大変なものだ。楽にお金は稼げない。

 

でも僕の認識では違います。

楽な仕事はあります。

むちゃくちゃ、楽な簡単な仕事です。

えっ、これで給料を貰っていいの? という感じです。

 

何の仕事か?

それは、施設警備員、です。

 

数年前に3年ほど就業しましたが、ものすごく楽な仕事でした。

勤務時間内で半分以上の時間は何もしない。

警備室内でボーっと座っているだけ。

自ら持ち込んだ本やマンガをひたすら読んでいました。

備え付きのpcでひたすらネットサーフィンをしていました。

 

ただ問題もあります。

いくら施設警備員が楽な仕事とはいえ、それは勤務地によって左右されます。

かなり大変な勤務地、激務な現場もあります。

そして、給料が客観的に見てけっして高くない、ということ。

警備員は基本的に契約社員扱い。社会保険に加入は出来ますがボーナスは支給されません。僕の場合は月25日程の勤務日数で16万円ほどでした。

 

 施設警備員は3年間ほど勤めました。

1年間ごと勤務地が変更になりました。

 

1年目は市立の総合病院の警備に勤めました。

この職場はかなり大変でした。

タイトルと矛盾していますが、病院の警備業は激務でした。

仕事を覚えるのも大変でしたし、慣れてからも突発的に発生するアクシデントに対応するのが難しかったです。

 

3年目の勤務地は市営の駐輪場でした。

駐輪場での警備業務は物凄く簡単で楽な仕事でした。

勤務時間中は8割ほど何もやる事がなく、警備室内にて、ただ座っているだけなのです。

勤務時間は5:30~14:00と14:00~23:30の交代勤務でした。

駐輪場は東西に長く、それぞれ東端と西端に警備室が設けられており、一人ずつ常駐します。

そこでの仕事は

① 朝の立哨です。ラッシュアワーの時に出入り口に立ってお客さんに挨拶したり誘導や案内したりします。朝の7時から1時間程度行います。

② 精算機の集計です。夜の9時ごろ、精算機内のお金の集計をして回収します。大体これは30分程度で終了します。

大体、強いて挙げるならこの二つぐらいでした。

 

後の時間帯はずっと「待機」です。警備員室や駐輪場内で、ひたすら何をするわけでもなく「待機」をします。

昼間はあまりお客さんの出入りもないので、ひたすらケータイでネットサーフィンをしたり、ひたすら本を読んだり、ひたすらボーっとしていました。

 

そこでの給料は月25日勤務で社会保険加入して手取り16万ほどでした。ボーナスなし。

給料自体は安いけど、ほぼ何もしないからこの金額でも貰いすぎぐらいだと思います。

 月に休日が5日間程度ですが、仕事が楽なので全然疲れません。

 

駐輪場での施設警備員の仕事は、給料は安くても良いから何も考えず楽な仕事をしたい、という人にお勧めです。

ニートや引きこもりの方々にもお勧めです。

長年仕事をしていない。しかし社会復帰したい。とりあえず肩慣らしとして楽な仕事をしたい、という場合です。

 

僕は給料の面で警備会社を退社してしまいましたが、機会があれば、あるいはある程度歳を取って今の仕事が体力的に辛くなったりしたら、また警備員に復帰したいと思っています。