スズイチのブログ

失敗しても言い訳しない、なるべく

本の感想

「イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る」を読んだ感想

「イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る」著デービッド・アトキンソンを読みました。 この本には日本経済の悪い点や改善点が書かれており、読んだ後では日本に対しての印象が随分変わってしまいます。 僕の中では、残念ながら日本の「高度経済成長」の幻想…

独身の僕が「だんな デス・ノート」を読んでみた感想

「だんな デス・ノート」 宝島社 を読んでみた。 36歳の独身男性である僕がこの本を読む理由は単純に結婚生活とはどういうものか興味があったからだ。 そして読んで驚いた。この本には夫に対して不満を持つ妻たちの罵詈雑言に溢れている。 結婚生活の悪い部…

アリ対猪木 アメリカから見た世界格闘史の特異点 を読んだ感想

「アリ対猪木 アメリカから見た世界格闘史の特異点 ジョシュ グロス」をやっとこさ読み終えた。 この本は1976年6月26日に行われた「モハメドアリ対アントニオ猪木」について主にアメリカ人視点から描かれたノンフィクション本である。 「アリ対猪木」…

本音で生きる 堀江貴文 を読んだ感想

この本に書かれている大まかな概要は以下の通りである。 思っている事は遠慮しないで相手に言おう。 陰口や仲間外れは無視しろ。 「お金がないからできない」「時間がないからできない」「自分には才能がない」と いう言い訳はやめろ。とりあえずやってみろ…

お話出てこい

小学校の給食時間に「お話出てこい」という校内放送があった。 童話やおとぎ話を朗読するもので、録音されたカセットテープか何かで放送していたと思われる。 内容はあまり覚えていないが、opの「お話出てこい♪ お話出てこい♪ ドンドコドンドコ♪ 出てこい こ…

「年金問題」は嘘ばかり 髙橋洋一 と同い年の年金滞納者

先日、ぶらりと立ち寄った本屋で何気なく本棚を眺めていたら、髙橋洋一さん著書の『「年金問題」は嘘ばかり』が目に留まった。 そのタイトルを見て、僕は思わず4年ほど前に知り合った同い年のオオキ君という男を思い出した。 当時の僕は32歳の施設警備員…

0円で生きる 著者鶴見済の感想

「0円で生きる」を読んだ。なるべくお金を使わない生き方を模索している本で、著者は東日本大震災が起きる前から原発稼働に反対していた鶴見済さんだ。先見の明がある方だと思っている。 本は7章に分かれている。以下感想を記していく。 第一章「貰う」 い…

「プライド」著者金子達仁を読んだ感想

1997年10月11日のヒクソングレイシーvs高田延彦に関する、金子達仁著作「プライド」を読み終えた。 高田延彦や榊原信之ら関係者の当時の心境が非常にテンポよく分かりやすく記述されているが、僕が印象に残ったのはヒクソンの言葉。 まずヒクソンは…