今までの人生で積み重ねてきたもの。

2018年1月現在35歳の僕の貯蓄額は、普通預金200万円。定期預金400万円ほどあります。

それとは別に、昨秋に某生命保険株式会社の個人年金に加入しました。金額は850万円です。

この個人年金は59歳になったら返却支給されます。10年確定年金で約935万円です。

ネットで「平均預金」を検索してみると、色々なソースを参照にした色々なサイトが検出され、それらに記載されている年齢別の「平均預金額」や「中央値」は微妙にばらつきがあります。

しかし僕の預金額約600万円、及び個人年金の元金850万円を足した金額は、どのサイトの30代の「平均預金額」や「中央値」を大きく上回っています。仕事の面では落ちこぼれですが、金融資産は何とか人並みに築くことができております。

預金とはその人が今まで生きてきた証、その人の人生で積み重ねてきたものですよね。これからも少しずつ増やしていきたいと思っています。

自他共に認める頭の回転の悪さ、運動音痴、作業効率の悪さ。平均を下回る人間力

そんな僕でも預金だけは平均を上回るようです。仕事で嫌な事があった時は預金通帳や個年金の契約書を見て何とか自尊心を保とうとします。

ただ独身で実家住まいおまけに無趣味というスペックを考慮すると、そんなに特別な金額ではないかもしれません。

しかも世の中には年収一千万以上稼いでいる人は確実に存在しているわけであり、僕の積み重ねてきたものは取るに足らないものなのかもしれない。

それでもサラリーマンに一発逆転はありません。少しずつ節制して積み重ねて生きていこうと思います。