スズイチのブログ

失敗しても言い訳しない、なるべく

老犬の無駄吠え

僕は犬を飼っている。

柴犬の雄で2002年頃に飼い始めた。現在の年齢は人間に例えると80歳ぐらいになるらしい。

その犬が、今年の初めぐらいから後ろ足の筋肉が衰えて歩行が困難になった。栄養が届かなくなって足が細くなってしまった。元気な頃は1時間近く散歩に行っていたが、今は近くの公園でフラフラヨタヨタと彷徨う程度になってしまった。

犬は歩く時も真っ直ぐ歩くことはできずに、反時計周りにぐるぐる回ってしまう。

そして2月頃から自力で立ち上がることすら困難になり、無駄吠えが始まった。

寝っ転がりながら足をパタパタさせクンクン、キャンキャン、と悲鳴をあげてしまう。時にはギャーンと絶叫することがある。起き上がらせてあげてもすぐバランスを崩して寝っ転がってしまう。そして再び悲鳴をあげ始める。

犬が静かになるのは寝てる時とエサを食べる時。目覚めると再び叫び始める。夜中でもお構いなしだ。

鳴き始めたら、取り合えず起こして家の周りや近くの公園で散歩させる。後ろ足が不自由だからすぐ転倒してしまうがすかさず何度も起こしてあげる。とにかく犬の気が済むまで散歩させる。

無駄吠えの原因はよく分からんが、きっと犬なりに不自由な自らの体にストレスを感じているのだろう。目覚めている時は昼夜問わず無駄吠えをするようになってしまった。時にはうんこや小便を垂れ流すこともある。

それらに対応する僕や父は精神的にとても疲弊してしまった。 気の休まる時がない。夜中でもおかまいなしに犬は吠える。僕ら人間は寝不足になる。

ネットで調べてみると老犬の夜中の無駄吠えを抑えるためには「昼間に寝かせないこと」とあるが、僕の父は定年退職こそしているが、室外で飼っていることもあり、さすがに犬のそばにずっと一緒に付いてやることは出来ないため、この対応は不可能だ。

老犬の無駄吠えが始まって以来、僕と父はあまり遠出がしずらくなった。いつ吠えだすかわからないし近隣住民への迷惑になる。生活パターンがすっかり変わってしまった。こまったものだ。