スズイチのブログ

失敗しても言い訳しない、なるべく

映画「チャイナタウン」を観た感想

1974年のアメリカ映画「チャイナタウン」を観た感想を書いていきます。

思ったよりも、この映画のストーリーはよく練られていた。観る前はもっと単純なストーリーかなと勝手に思っていたが、少なくとも僕の頭では少々難解な物語でした。

主演はジャック・ニコルソンで探偵業を営んでいる。探偵だから劇中で尾行やら隠し撮りやらをするのだが、ジャック・ニコルソンの異様な存在感と個性的なルックスでは絶対、尾行は無理だろうなと思いながら観ていました。隠し撮りしていてもばれるだろう。

最初はただ単に夫への浮気調査かなと思いきや、そんな単純なものではなく大きな陰謀、殺人事件に発展していきます。

要はダム建設に関する陰謀、町の水源に関する利権が絡んでいるが、僕はそういう政治関連の話題が苦手なのでいまいち理解しにくかった。

しかし、終盤付近で共演のフェイ・ダナウェイから明かされる驚愕の事実。

「私の娘よ」

「だますな」

「妹よ」「娘よ」「妹だし娘よ」

とぼけるな、フェイ・ダナウェイ、と思いながら観ていたが、真実は彼女の言葉そのままなのですよ。事件の黒幕が誰かというよりも、この「娘であり妹」の事実が僕の心に深く残った。

ある意味、「ME TOO」運動やセクハラ問題が話題の2018年現在にはタイムリーな映画ではないだろうか。

ラストシーンの車での逃亡、警察官の発砲、車のクラクションの鳴り響き。そして少女の叫び。それらをジャック・ニコルソンからの目線で撮影する演出。素人ながらこのラストの出来は完璧なのではと思った。

あと印象に残ったのは、中盤にニコルソンが蜜柑畑に潜入するがそこの農民たちに見つかり捕まって暴行を受けるのだが、農民の一人が、持っていた松葉杖でニコルソンをブッ叩こうとするが、仲間の農民に当ててしまうところです。

これは演出なのかアクシデントなのか。多分アクシデントなのだろうが、最初観た時は思わず爆笑してしまった。緊迫のシーンが台無しではないのか。しかも叩かれた農民もさりげなく小声で「ウッ!」と呻いているのも相乗効果を生んでいる。何だかそのシーンにハマってしまって何回も巻き戻してその度にケタケタ一人で笑ってしまった。

映画「チャイナタウン」 難解なストーリーです。観終わってもよく理解できない場合は考察サイトを探して内容を咀嚼すると良いでしょう。