ps2版「ドラゴンクエスト5」をクリアした感想。

つい先日、ps2版の「ドラゴンクエスト5」をクリアしました。

休日しかプレイする時間がなく、クリアするのに2か月以上、掛かってしまった。

とても面白いストーリーだったが、ゲーム内における登場人物と実際のプレイヤー(僕)の間に若干の感情の差異があることに気が付いた。

この「ドラクエ5」。ゲーム内では「伝説の勇者を探せ」と物語的に指摘されるが、実際にこのゲームをプレイする僕としては、これは「父であるパパスの仇討ち」の物語だった。

物語の前半で主人公の父パパスは殺されてしまう。

二足歩行の馬(ジャミ)と紫色のカバ(ゴンズ)にリンチにされ、最後は魔法使いみたいな男(ゲマ)に焼かれてしまいます。

その場面はドラクエ史上、いや、ゲーム史上もっともショッキングなシーンの一つではないだろうか。

で、パパスは死ぬ間際に「お前の母はまだ生きているはずだから探してくれ」と主人公に託す。それが父の遺言になる。

その10年後、主人公が奴隷生活から解放された後に手に入れる事ができるパパスの手紙にも「妻マーサを助けてくれ」と書かれている。

手紙によると、妻マーサは魔界に通じる能力がありそのために魔界へ連れ去られた。そして魔界に行けるのは天空の武器を身に着けた伝説の勇者だけ、とのことで、そこからは物語の目的は伝説の勇者を探す旅になります。父パパスの悲願を受け継ぐわけです。

しかしプレイヤー(僕)としては、会ったこともない母マーサよりも父パパスの敵討ちをしたいわけです。あのにっくき二足歩行の馬と紫色のカバとオカマの魔法使いをぶちのめしたいわけです。

そんな僕の気持ちとは裏腹にゲーム内は「伝説の勇者を探す」旅を繰り広げます。パパス殺害の原因を作った一人であるヘンリーからも「早く伝説の勇者が見つかるといいな」と励まされてしまいます。いや、そこは「早くパパスを殺した魔物たちが見つかるといいな」ではないだろうか。一緒にパパスの敵討ちの旅に出る、みたいな展開もありません。

その後、勇者探しを続けていくうちに主人公は結婚して、グランバニアの国王の息子ということが判明し、双子の父親になります。

そして、妻誘拐事件が勃発します。行方を追うと、何とお懐かしや、犯人は父パパスの仇である二足歩行の変態馬であるジャミであり、実に10数年ぶりの対面を果たすことになります。

で、ジャミとの対決になりますが、この戦いはドラクエ史上、もっとも感情的になる闘いの一つではないだろうか。何といっても父の仇なのです。「この野郎!」と思わず力が入ってしまいます。

しかし、ゲーム内ではこの場面では「父の仇」や「パパスを殺した」などのセリフや感情は表現されてはいません。ジャミが妻を誘拐した理由はグランバニア王である主人公を殺して自分が王に成り代わる事であり、パパス云々は関係ありません。

よって父を殺した奴と妻を誘拐した奴が同一人物という少々ご都合主義な展開になります。ジャミは死ぬまで目の前の男がパパスの息子だとは知りません。

「パパスの敵討ち」等の要素が含まれていないのは、制作側の都合ではないだろうか。血なまぐさい展開を避けるために、そのような表現を避けたのではないだろうか。

何にせよ、ゲーム上の物語展開とプレイヤー(僕)との間に感情の差異を感じます。せめて「お前はあの時のパパスの息子だったのか」みたいなジャミのセリフが欲しかったです。

その後の展開では、もう一人の父パパスの仇である紫色のカバ(ゴンズ)をやっつけることにも成功しますが、そこでも「復讐」の要素は表現されません。

そして物語の終盤、魔界にて主人公は母マーサと再会(記憶にはほとんどないわけだけど)する事ができますが、魔法使いのオカマ野郎(ゲマ)に巨大火の玉で攻撃され、ミルドラースに稲妻に打たれ絶命していまいます。

パパスを殺した張本人(ゲマ)を討ち取ることが出来ますが、折角魔界まで来て母と再会できたのに、この結末は酷すぎるのではないでしょうか。

そして唐突にパパスの幽霊が出現します。「子供たちの未来は子供たちに託そう」とマーサと共に主人公たちを見守ることを決意します。

幽霊とはいえ、パパスとの感動の再会。息子である主人公を庇って命を落としたパパス。しかし恨みを持つこともなく「がんばるのだぞ」と主人公に対して声を掛けてくれます。プレイヤーである僕はボロボロ涙が止まりませんでした。おそらく主人公も涙していたと思います。

そして魔王ミルドラース(年老いたピッコロみたい)を倒して、グランバニア城にてみんなでワルツを踊ってそれを見守るパパスとマーサでエンディングです。

クリアしてからも、やはり存在感があるのはパパスであり、印象的なのはパパス焼死の場面です。プレイヤー(僕)にとっては復讐譚であるが、ゲーム制作者が意図的にそんな血生臭い要素を極力排除したような、ゲーム内の目的を感情操作されたような印象を受けました。