スズイチのブログ

世間から無視された人へ

「孤独が素晴らしい」のは、有名人や社会的地位が高い人間だけ。

『「さみしさ」の研究』を読んだ。

 

著者であるビートたけしの「老後」や「孤独」に対する物事の考え、人生観、思想などが綴られている。

 

2019年現在、「老後は素晴らしい」「孤独は己を成熟させるチャンスだ」というような内容の本や書籍が本屋に溢れているが、著者ビートたけしは、それら文言を妄信すべきではなく、「老い」と「孤独」は残酷だ、そもそも「素晴らしい老後」など存在しないと説いている。

そして老人は若者に媚びず、ヒンシュク上等で余生を楽しみ、「いいジジイになろう」なんて考える必要はない、理想は葬式で「やっと死んでくれた」と拍手喝采が起こることだ、などのジジイ論を演説している。老人の生活の仕方や自己を客観視する力が必要と説かれている。

 

さらに「友の死」について。松方弘樹大杉漣星野仙一さくらももこ樹木希林西城秀樹、果てはビッグバンベイダーらに対しての、ビートたけしの想いが綴られている。

 

僕はビートたけし信者でもないし、彼の思想を全面的に肯定するわけではないが、それでも、71歳の、一流芸能人の考え方はとても参考になるし、今後の人生に役立てていきたいとおもっている。